Blog 再開

2年ほど闘病生活をし、
その間にいろいろ不動産など処分しまくりました。
断捨離ですね。

 
notes | - | -

My experience of the oil process

The oil process is no novelty. It was invented by Poitevin at the same period as gum bichromate , in 1855 , and revived by Mr .H.Rawlins, in 1904.A full description of the working of it is to be found in the October number of the working of the ' Amature Photographer ' (London) , of that same year. The rsults were not all that could be desired. Sinse then , Mr .Rawlins has amended and simplified his methods.
A few months ago I took the preocess up a secound time , in order to give a fairly practical account of its working condition in a book that the Paris Photo-Club has just brought out , and 
I have come to the conclusion that oil printing has come to stay , and that it is an extremely valuable addition to the actual process used by pictrial photographers.
In fact , I know of no other method that can allow such freedom of treatment . But the process doesnot seem to have been specially studied from this point of view-the main point , in my opinion-and the experiments I have been making on different papers , with different inks , and varied degrees of exposure , may interest those amongst my readers for whom values and quality of medium have some importance . On the country , from the ' straight-print ' point of view , the process will prove tedious , and quite inferior to platinum . This as a qarning . photographers are supposed to know that a thin layer of bichromated gelatine , when exposed to light , in contact with and under a glass negative , will shortly develop a brown image which , once plentifully washed and then dabbed with blotting-papper , will show a faint relief , and curious difference of surface between the exposed and protection.
These last will be damp and shiny , the others matt and relatively dry . This is the first stage of the Rawlins process . At the next one , photography steps out ; it has nothing whatever to do with the rest of theoperations , which are as follows : If a layer of greasy , coloured is spresd over the moist ones - -a positive image will result .Not a crude black-and-white images , such as one would think probable , but one with the most delicate half-tones and the most perfect modeling . Spread the gelatine over a thick sheet of glass , and you will have a collotype plate ; spread it over a sheet of paper , and you will have a Rawlins print .
It is simplicity it self . Collotype printing is used all the world over , so it is but natural that Mr .Rawlins should have chosen at first the collotype inking method - with the roller . But his thin gelatine film spread over wet and spongy paper was often more or less abraded by the repeated passage of the rubber or leather cylinder .
Photo notes | - | -

オリジナルプリント

アメリカの写真家。デュアン・マイケルズ(Duane Michals、1932年2月18日生まれ)
本人プリント。1993年サイン入り。ゼラチンシルバープリント。エディション25
デビット・ホックニーとその恋人というタイトル。

高いよですよ〜〜


duan_1.jpg
Original Prints | - | -

熱が;;;;

朝おきたら体がだるい。
38.4度だ。

どうしても暗室に行かなければいけない仕事があるので、これから出かける。
1時間ちょいで用事が終わるので、それから従兄がやってる病院で診てもらうわ。

Muraiが撮った、映画監督&俳優、歌手のJack Buchanan
ネガサイズは11X14 ディアドルフだと思う。
密着のプリント。Muraiの没後にプリントされたモダンプリントだが、それでも40年は経っている。プリント価格は750,000円です。

  0dd1.jpg
daily photos | - | -

Film

自分のホームページの具合がおかしくなって
Blogがほとんど消失。辛うじて残っているのを、こちらに統合することにした。

暗室作業中。 

風邪ぎみなのかな?どうも体が重くてだるい感じだ。 

この写真はハンガリーの写真家。NICKOLAS MURAY(ニコラス・ミュライ) 1896-1965 ,Szeged Hungary 生まれ。彼は1913年にアメリカに移住。 1920年、ニューヨークにフォトスタジオを設立。 

この写真を撮ったのは、巨匠のエドワード・スタイケンである。 ヴィンテージプリントは数が少ない。



- | - | -

Lecture

時間と料金は下記の通りです

10:00 - 18:00 (12:00-13:00 お昼休)
午前中にフィルム現像のレクチャーを行い、水洗、乾燥が終えたフィルムで
13:00からプリントのレクチャーをします。バライタ紙を使用。

料金は 13000円 (バライタ用紙込) 印画紙持ち込みの場合は 10000円

撮影済みフィルムは35ミリ、ブローニーどちらでも構いません。

プリントのみレクチャーもいたします
news | comments(0) | -

六甲山

森のなかの小さな写真美術館。 六甲山牧場から徒歩12分(私の歩きで) バス停は六甲山牧場 標高が777m 気温は札幌とほぼ同じだそうです。 真夏でも最高でも25、6度で、夜は20度近くまで下がります。 まだ名称も決めてないが とりあえずは、この夏は準備で忙しくなりそうだ。 もちろん、ワークショップも考えて暗室も完備いたします。
notes | comments(0) | -

この写真はいいねぇ

プリント状態はよくないが ニューヨークにいる友人から分けていただいた。 ローライフレックスを手にもって、なにを撮影しようとしたのでしょうか? この真剣なまなざしのマリリン・モンローは なんか凄く格好いいですね。 marilin.jpg
Photo notes | comments(0) | -

レクチャー

暗室を経験したいという女子が増えてきて しばらくやめていた初心者向けの暗室レクチャーを、またはじめた。 土曜、日曜の限定だが、けっこう体にはきついです。 12才の子が最年少だ。友人の娘なんだが写真が好きでフィルムカメラに夢中になっている。 将来は写真家になりたい!と目標をきちんと持っている。 だから、いまのうちにきちんとフィルムの現像とプリントを覚えたいと言う。 けっこう根性がある小学生だ。 ギャラリーによく遊びにきたり、父親と一緒に僕の自宅に来たりして 部屋に飾っているモノクロの写真をじっと見ている。 先日、彼女の誕生日に古い二眼レフをプレゼントした。 ローライフレックス。頑張って扱ってますね。(^^) 将来が楽しみだ。
Photo notes | comments(0) | -

暗室にて

朝の9時からフィルム現像をやりっぱなし。 数えてみたら32本だ。 たぶん限界だろうな。いま乾燥中だが、最近はヒーターを入れないで風だけを送っている。 時代に逆行していると言われるかもしれないが、水洗促進剤もフィルムのために使っていない。したがって水洗時間が長い。 水もフィルターを通しての浄水だ。
Original Prints | comments(0) | -